ネットワークカメラ比較

ネットワークカメラの比較と選び方のポイント

この記事では話題のネットワークカメラの賢い使い方や選び方についてお伝えします。
ネットワークカメラ=防犯カメラのような、防犯用途のみに使われる製品ととらわれがちですが、
小さなお子さんやお年寄りの状況を確認したり、防犯対策にもなったりと、
使用できる用途が幅広い上に、最近ではリーズナブルな価格帯で家電量販店で気軽に購入できるため、
その優秀さは世間への広まり具合で分かります。とにかく様々な方が活用しているのです。
ネットワークカメラの使い方は、電源につなぎ、無線LANに接続するだけなので、とても簡単です。
録画するために、別売りのケーブルやハードディスクなどを新たに購入して設置する必要もなく、
自宅の別の部屋でも、外出先であってもすぐに映像を視聴できます。
セキュリティ対策を優先される場合は、クラウド保存対応のネットワークカメラが最適です。
録画されたデータは、クラウド上に保存することが可能ですのでネットワークカメラが万が一破壊されても映像は残ります。
マイクやスピーカーを搭載しているネットワークカメラであれば、出先からカメラを通して通話をすることもできます。
会社や外出時の出先から、自宅の子供やペットの見守り用としても、
離れて暮らすご両親の様子を確認する用途としても、
空き巣や不法侵入者への対策のための道具としても使用することができる点がネットワークカメラのメリットです。
ネットワークカメラを選ぶ際に着目すべきポイントとして、画素数、フレームレート、可動域、動体検知機能の4つを挙げることができます。
画素数は、数値が高いものほど繊細で奇麗な映像が撮影されます。
フレームレートとは、動きの速い被写体をいかにきれいに撮れるかというものであるため、
フレームレート値が高いものにすると、なんと走っている人の顔までばっちり捉えてくれるのです。
ネットワークカメラは対象物に画角を合わせるため可動式のタイプが多く発売されていますが、しっかりとした防犯カメラのような固定されているタイプも存在します。
ネットワークカメラのカメラの向きをアプリで遠隔操作したいという方は、横と縦の首振りが両方できるものを選ぶのがよいでしょう。
胴体検知自動録画機能というのが役立つのですが、何か動いているのを察知すると自動で録画してくれます。
動体検知機能を使う事で、ペットの様子を確認したり、赤ちゃんの様子を確認したりと役立てる事が出来ます。
動体検知機能のあるネットワークカメラが大活躍するのは、
カメラがものの動きを検知したときにスマホに警告を送ることができるので、普通の防犯カメラよりも、見守り用や防犯用として有用です。
暗い部屋などで撮影するには、赤外線ライトを搭載したネットワークカメラも多数発売されていて、
眠っている赤ちゃんの見守りでママが便利に使っているケースもあります。
ネット回線や無線LANの環境が整っているのであれば、3000円ぐらいで販売されているネットワークカメラを導入する事で、
自動車のいたずら盗難対策ゴミ捨てマナーを守らない人の特定嫌がらせを受けている空き巣に入られたことがあるペットのいたずらを止めたいなどなど、
あらゆる場面や状況に応じた、様々な活用方法があります。
あの、パナソニック、IO-DATA、サンワサプライ、などこの他にも多数のメーカーから販売されていますので、自分の目的に適したネットワークカメラを購入して使用してみてください。

ネットワークカメラ比較は以下のワードでも検索されてます

ネットワークカメラ ハードディスク ネットワークカメラ 窓越し ネットワークカメラ 設置 diy ネットワークカメラ yatwin wifi ネットワークカメラ 複数 ネットワークカメラ 使い道 ネットワークカメラ ネット環境なし ネットワークカメラ windows ネットワークカメラ 通話 ネットワークカメラ パナソニック 屋外 ネットワークカメラ モバイル回線 ネットワークカメラ ドンキホーテ ネットワークカメラ ローカル接続 ネットワークカメラ ワイファイ ネットワークカメラ ベランダ iegeek ネットワークカメラ セキュリティ グローバルシャッター ネットワークカメラ ネットワークカメラ ダクトレール ネットワークカメラ 在庫管理 ネットワークカメラ リセット